海外IT研修視察(インド)

「IT大国として発展するインドの第4の主要都市、「南インドの玄関口」と称される“チェンナイ” で開催する『超実践型IT+集中英語研修』の施設、内容の視察ツアーです。 現地日本向けオフショアソフトウェアアプリ開発企業訪問、現地大学施設見学など、内容は盛りだくさんです。

「海外研修視察」実施概要

対象者
「超実践型IT+集中英語研修」をご検討中の方、または
検討企業様、経営者ならびに人事(教育、研修、採用)ご担当者
視察の目的
  • 「超実践型IT+集中英語研修」の 施設に訪問し、設備の内容や安全性をご自身の目で確認いただけます。
  • 研修内容について、研修先担当者や幹部よりご説明が聞け、疑問点を直接確認いただけます。
  • 研修を担当する企業の一つ、SRMテクノロジー社 (ソフトウェアアプリ開発企業)※の視察ができます。
※SRM Technologies社はソフトウェアアウトソーシングサービス(ソフトアプリ開発、システムインテグレーション、ハードウェア組み込みソリューション開発、コンサル、プロジェクトマネジメントなど)を行うIT企業です。また、ITインフラやソリューションを担当するWill Computers & Communications社はSRM Groupの系列会社です。
開催日
2015年3月上旬(3泊4日)
※詳細はお問合せ下さい。
参加費用

97,000円 (税抜)

  • 料金に含まれるもの: 宿泊費、日程にある食事(滞在中全食事)、日程にある視察中の移動や送迎
  • 料金に含まれないもの: 航空券、空港税及び燃油差額・航空保険など諸税・保険料、個人費用(小遣い等)、 海外保険料、日本国内交通費
    (尚、航空券、海外旅行保険は手配代行が可能です)
最少催行人数
4名
※参加者が所定人数に満たない場合、中止の可能性もございます。
主催
ヒューマンリソシア株式会社
お問合わせはこちら
『超実践型IT+集中英語研修』とは?
6週間にわたり、選択したプログラム言語の基礎習得 (約2週間) 、集中英語研修 (約1週間) 、習得した言語を駆使し模擬プロジェクトに参加 (約3週間) の研修を行います。 模擬プロジェクトでは、ヒアリング・企画・テスト・ソリューション提案・完成物の提出といった、一通りのプロセスを実習することができます。 また、現地IT企業担当者より直接指導を受けることで、技術だけでなくコミュニケーション力やネゴシエーション力の習得、異文化理解も深まります。詳しくは こちらをご覧ください。

視察内容

  • オリエンテーション(SRM社幹部社員より挨拶、説明)
  • 研修での滞在ホテル、食事施設等の環境の視察
  • 研修を行うSRM大学キャンパス内散策、研修ラボ施設視察
  • IT研修担当者より、研修内容について説明
  • SRM Technologies社(日本向けオフショア ソフトウェアアプリ開発企業)施設視察
  • 研修で訪問予定の文化施設見学(世界遺産、商業施設など)
  • SRM Group幹部との研修、その他についての質疑応答
詳細はお問合せ下さい。
お問い合わせはこちら

ヒューマンリソシアは
「プライバシーマーク」使用の
許諾事業者として認定されます。

ISO 9001:2008認証取得 審査登録証 JP12/062379

ヒューマンリソシアは、
「優良派遣事業者」に認定されました。