RPAとは

「RPA」とは、業務を自動化し
人的コストを抑制できる効果が見込まれる新しい技術です。

H

RPAの特長

RPAではシステムを人間と同じように『操作』できるため、
通常必要となるプログラム開発を必要とせず、人間の補完として既存業務を遂行できます。

 

RPA

通常の
システム
準 備
  • 常務マニュアルの整備
  • 従事者のトレーニングが必須
  • プログラミング不要
  • 操作の記録で導入可能
  • 短期間で導入可能
  • 専用のプログラム開発が必要
  • 導入までの期間が長い
コスト
  • 従事者のトレーニング費用
  • 人員交代時の引継ぎ
  • 低価格で導入可能
  • 高い開発コスト
  • 投資対効果を明確にする費用あり
業 務
品 質
  • ミス・間違いや処理、スピードの波が発生
  • スキルレベルによる変動
  • ミスなく稼働
  • プロセスの変更により同じミスの排除が可能
  • 定められた業務使用範囲において一定品質を維持
柔軟性
  • 従事者のキャパシティ次第で対応可能
  • 自動化シナリオの変更で対応可能
  • 変更への対応にはシステム改修が必要

ケーススタディー

注文書の識別・転記作業の
ロボット利用
様式が異なる注文書の識別・転記により作業稼働98%減、転記ミスを0に。

集計データの
加工作業のロボット利用
複数操作が必要となる煩雑な作業も、ロボットにより作業稼働0に。

基幹システムに手を加えず
新規業務を追加
基幹システムへのデータ連携の改修コスト・影響範囲を最小化

導入による期待効果

ヒト(人的生産) + ロボット + ITの3層構造により、ロボットが定型業務を行うことで、
これまで手付かずだった業務への対応や、より付加価値の高い業務へ人員をシフトすることが可能です。

RPA導入でお悩みの方は、
まずお問い合わせください

お問い合わせはこちら

TOPに戻る