Human ヒューマンリソシア

第5回:世界各国のIT技術者数

~中央・西アジア編/アフリカ編~

2020.03.23

IT分野では注目されることが少ないが、IT技術者の伸び率が高い国も

これまで、アジア、南北アメリカ、ヨーロッパと、それぞれの地域のIT技術者数についての調査結果を4回に渡りご紹介してきました。
第5回の今回は、あまり注目されることがない中央アジア・西アジアおよびアフリカを取り上げて、これらの地域でどのくらいの数のIT技術者が働いているのか調べていきたいと思います。

※本連載では、下記中央・西アジア9カ国、アフリカ11カ国を調査しています(※略称、順不同)。
中央・西アジア:トルコ、イスラエル、カザフスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、キルギス、アルメニア、クウェート、キプロス
アフリカ:エジプト、カメルーン、アルジェリア、エチオピア、ガーナ、セネガル、モザンビーク、モーリシャス、ザンビア、ルワンダ、マリ
※IT技術者数は、情報通信業に就業しており、国際標準職業分類 で「専門職」「技師、准専門職」に分類された人としています。

■中央アジア・西アジア■

中央アジア・西アジア9カ国のIT技術者数の合計は41万4千人

中央アジア・西アジアでデータを確認できた9カ国では、IT技術者数の合計は41万4千人となり、109万人である日本と比べ、半数以下となりました。

これを国・地域別に表したのが、図表①「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~中央・西アジア編」です。中央・西アジアでIT技術者数が最も多いのは、14万2千人のトルコ、次いで13万4千人のイスラエル、6万9千人のサウジアラビアと続きます。トルコ、イスラエル、サウジアラビアの3カ国で、この地域の約8割のIT技術者を占めています。

<出典>国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成 
<情報年>イスラエルとカザフスタンが2015年、サウジアラビアが2016年、他は2017年

IT技術者の割合が高い国は、イスラエル、次いでキプロス

次に、各国におけるIT技術者の割合を、図表②「各国に占めるIT技術者の割合~中央・西アジア編~」で見ていきます。
中央・西アジアで最もIT技術者の割合が高いのはイスラエルの1.54%、次いで、キプロスが0.93%で、この2カ国は0.86%の日本よりもIT技術者の割合が高いことになります。

※出典および情報年は、図表①と同じ。

IT技術者が大幅に増えているキプロスとトルコ

続いて、IT技術者がどのくらい増えているかについて、国別にみていきたいと思います。
IT技術者数を、データが収集できた直近年と比較した増減率をまとめたものが、図表③「各国のIT技術者数の伸び率~中央・西アジア編」です。

データを確認できたのは、トルコ、イスラエル、キプロスの3カ国のみでしたが、その中で最も増加率が高いのはキプロスの14.29%でした。トルコは8.40%、イスラエルは2.29となりました。

※出典および情報年は、図表①と同じ。

■アフリカ■

アフリカ11カ国のIT技術者数の合計は56万8千人

アフリカでデータを確認できたのは11カ国、それぞれの情報通信業就業者数とIT技術者数を、図表④「各国の情報通信就業者数とIT技術者数~アフリカ編」で見ていきたいと思います。
この地域でIT技術者が最も多いのは、エジプトとカメルーンで8万7千人、次いでアルジェリアとエチオピアが2万5千人で続いています。
アフリカ11カ国合計では、56万8千人と、109万人の日本の約半数となりました。

<出典>国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成
<情報年>2017年:エジプト、アルジェリア、モーリシャス、ザンビア、ルワンダ、2016年:マリ、2015年:ガーナ、セネガル、モザンピーク、2014年:カメルーン、2013年:エチオピア

IT技術者の割合が最も高い国はモーリシャス、次いでカメルーン

次に、アフリカ各国において、全人口に占めるIT技術者の割合を、図⑤「各国のIT技術者の割合~アフリカ編」で見ていきます。
最もIT技術者の割合が高いのはモーリシャスの0.63%であり、次いでカメルーンが0.39%と続きます。他の国はすべて0.1%未満となりました。

※出典および情報年は、図表④と同じ。

尚、アフリカ各国におけるIT技術者数の伸び率は前年データが確認できず、算出できませんでした。

SERVICE

ヒューマンリソシアでは、海外の優秀なITエンジニアを採用し、国内のIT企業に派遣する「Global IT Talent(GIT、ギット)サービス」を展開しています。
GITサービス詳細は、git.resocia.jpにてご確認ください。

他の記事を見る

↑↑