人材派遣の求人・仕事探しは
ヒューマンリソシア
派遣サービスに登録

安心保障福利制度

「安心保障福利制度」は、ヒューマンリソシアが業界で初めて導入した所得補償制度です。
病気・けがによる7日以上の継続入院で就労不可能になった場合、最高30日の所得が保障されます。

安心保障福利制度の内容

1.社会保険加入以降に発生した病気・ケガで、7日以上継続して入院した場合。

2.保障金額は「時間給相当額×1日の所定労働時間×支給対象日の日数」
※各自の契約に基づきます。

3.支給対象日は、雇用契約期間内の入院している日で、かつその日が雇用契約の所定労働日にあたる日です。但し、
入院した日 から30日を限度とします。

4.入院中に雇用契約が終了した場合は、雇用契約終了日までの所定労働日が対象となります。

保障金お支払い例

※契約期間内の入院が30日を超えた場合

利用者の声

  • Tさん(女性)制度利用当時49歳

    Tさん (女性) 制度利用当時49歳 お住まいの地域:埼玉県

    いつ、どのような理由でこの制度を利用しましたか?

    2014年の2月半ばから約9か月間、子宮体癌のために入退年院を繰り返したことがあり、最初の手術で1か月弱ほど休んだ時にこの制度を利用しました。長期間仕事を休まなくてはいけないことが分かった時、スタッフサポートの担当者からヒューマンリソシアには、この所得補償の安心保障福利制度があることを聞きました。

    利用した感想はいかがでしたか?

    この制度があってとても助かりました。やはり、予定していた収入が急になくなるのは気になりますし、実際困るので、この制度があるとないとでは全然違いました。主人も“助かる”と言っていました。
    仕事復帰の際は、10:00‐17:00と時短で様子を見ていましたが、復帰後1年くらいで18:00までのフル勤務に戻しました。今は時々残業もできるほど、すっかり元気です。
    次の再検査で良い結果が出ればさらに安心して仕事が頑張れそうです。

  • Mさん(女性)制度利用当時37歳

    Mさん (女性) 制度利用当時37歳 お住まいの地域:東京都

    いつ、どのような理由でこの制度を利用しましたか?

    2016年の9月に消化器系の病気で入院し、約1か月半ほど仕事を休んだ際に、この安心保障福利制度を利用しました。このような所得補償の制度があることは最初から知っていたわけではなかったのですが、スタッフサポートの担当者から教えてもらいました。

    利用した感想はいかがでしたか?

    休んだ日数分全ての所得が保障されるわけではありませんが、いくらかでも後から収入として入ってくることで、安心できましたし、実際助かりました。
    仕事を休んでいた間は、職場に迷惑をかけているという申し訳なさと、収入がなくなることへの不安から、「早く復帰しなければ」という焦りの気持ちしかありませんでしたので、今こうしてまた仕事に復帰することができて本当によかったです。

保障の対象とならない場合

・保障対象者になる前に発生した病気・ケガ

・入院日数が継続して7日未満の場合

・保障対象者の故意または重大な過失による身体障害・保障対象者の自殺行為、犯罪行為、または闘争行為によって被った身体障害

・保障対象者の麻薬、あへん、大麻、覚せい剤等の使用によって被った身体障害

・テロ、戦争、暴動および核燃料物質による身体障害

・他覚症状のない腰痛・むち打ち症(原因の如何を問わず)

・自動車または原動機付自転車の無資格運転または酒酔運転による身体障害

・地震、火災、津波によって被った身体障害およびこれらに随伴して生じた事故による身体障害

・精神病、精神薄弱、人格異常、アルコール依存症などの精神障害

・妊娠、出産、早産、または流産によって被った身体障害

・AIDS,SARSなど・治療を伴わない検査入院(健康診断・人間ドック等)

保障を受けるには

継続7日以上入院されたら、下記の各エリア業務課社会保険担当者までご連絡ください。

弊社所定の「所得保障金支払請求書兼入院証明書」をお送りします。

お仕事のご紹介には、ヒューマンリソシアへの登録が必要です

会員サイトの便利な機能

  • ・お気に入りの派遣求人のブックマーク
  • ・新着求人をメールでお届け
  • ・登録会への予約
  • ・有給休暇の管理
  • ・WEB給与詳細の確認
登録会の入力手続きをあらかじめ行えます
派遣サービスに登録する(無料)
ページトップへ

派遣サービスに登録

ページトップへ