• TOP
  • スマイルワーク インタビュー
  • 笑顔通信
  • トピックス&イベント
  • スマイルワークプロジェクトとは

秋の味覚でおいしくキレイになろう♪

P1060429
こんにちは! スマイルワーク研究所の研究員、マイです!

食欲をなくしがちな暑い時期が過ぎ、食べ物が美味しい季節になりました。
旬の食材は美味しくて栄養もたっぷり。女性に嬉しい成分もたくさんあるので、美味しく食べて身体の中からキレイになっちゃいましょう♪

■サンマ
秋の味覚といえば「サンマ」を思い浮かべる方も多いのでは。
サンマは青魚なので、DHAやEPAが豊富です。また、ビタミンB12(貧血予防に効果あり)、鉄分、カルシウムも多く含むので、積極的に食べたい魚です。
また、サンマのワタには「レチノール」という美肌効果のある成分が含まれているので、苦いからと残していたらもったいないですよ~!

・DHA(ドコサヘキサエン酸)
脳に多く含まれる必須脂肪酸です。『DHAを摂ると頭が良くなる』などと聞いたことがあると思いますが、これはDHAを摂ると脳が活性化する、ということなんですね。このほかにも、DHAには中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げる作用もあります。

・EPA(エイコサペンタエン酸)
血液をサラサラにして、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を予防してくれる作用があります。

塩焼きやお刺身のほかにもおすすめは・・
≪サンマご飯≫
画像_①

■柿
実は柿って、美肌に欠かせないビタミンCがとっても豊富な果物なんです。
一つ食べると、一日の必要量を補えるほどのビタミンCが含まれているなんて驚きですね。
また、抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的なポリフェノールが豊富です。ポリフェノールの一種であるタンニンも多く、タンニンは血液中にある毒素や悪玉菌を減らし、血液の流れをよくする働きがあるので、体の新陳代謝がよくなるとも言われています。
ほかにも、コレステロールの吸収を抑制する働きがあるペクチンや、体内の水分バランスを調整して余分な水分・塩分を排出することでむくみ解消に効果のあるカリウムも豊富です。
ただ、体を冷やす作用もあるので、一度に過剰な摂取をすることは控えた方がよさそうです。

普段の白和えが一気に秋らしくなる・・
≪ 柿入り白和え≫
画像_②

 

■里芋
芋類の中では低カロリーで水分が多く、カリウムや食物繊維を多く含むため、ダイエットや便秘解消に期待が持てる食材です。秋から冬にかけてが旬の里芋は今が一番おいしい時期なんですよ。
独特のぬめりは、水溶性食物繊維であるガラクタンとムチンによるものです。特にムチンは、胃腸の壁を守り、たんぱく質の消化吸収をサポートする働きがあります。また、腸内環境を整え、便秘を解消する効果もあるので、美肌にも効果があります。その他にも、カリウムや疲労を回復させるビタミンB1も多く含まれているんですよ。

優しい味が肌寒い季節に合う
≪ 里芋入りシチュー≫
画像_③

 

■さつまいも/かぼちゃ
便秘解消と言えばさつまいもを思い浮かべるほど、「食物繊維」のイメージが強いですが、ほかにも女性に嬉しい栄養がたくさん詰まっている、すごい食材なんです!
さつまいもが便秘に効果がある理由としては、不溶性食物繊維のセルロースと、ヤラピン(切り口から出る白い液)が挙げられます。
セルロースは腸を刺激して便通を促進し、ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果があるそうです。
また、ビタミンCを多く含み、これは芋類の中で1番なんだそうです。
このほか、ビタミンE、カリウム、ビタミンB群、カルシウムも豊富です。
さつまいもの栄養素は皮に多く含まれているので、できれば皮まで食べて栄養をたっぷり摂取しましょう!

■かぼちゃ
かぼちゃに多く含まれるベータカロテンは、黄色のもとになっている色素成分で、体内に入るとビタミンAに変化します。ビタミンAは、抗酸化作用が強く若返りには欠かせない栄養素なんですね。また、免疫力を高め、お肌の潤いや髪の健康を保つ効果があります。
血行促進作用のあるビタミンEも豊富なので、冷え性に悩む女性には嬉しいですね。
ちなみに、かぼちゃの皮と種には、果肉以上のカロテン・ビタミンが含まれるので、皮はむかずにそのまま調理しましょう。種も、洗って天日干しにしたあと、フライパンで居るだけで美味しくいただけますよ。

定番のサツマイモのほかにもカボチャも!もちろん皮まで美味しく食べられる
≪ 大学芋&南瓜≫
画像_④

 

2015.10.16