• TOP
  • スマイルワーク インタビュー
  • 笑顔通信
  • トピックス&イベント
  • スマイルワークプロジェクトとは

2時間体験! 笑顔を応援☆”自分磨き”セミナー♪第1弾 セミナーレポート③(完結編)

★P1060542

『言葉の選び方が上手な人は得をする☆ コミュニケーションスキルUPに即効性! 覚えておきたい3つのポイント』

第一回:11/6(水)、第二回:11/20(水)開催
講師:高橋知大(たかはしともひろ)氏
こんにちは。スマイルワーク研究所のマイです!『2時間体験!笑顔を応援☆”自分磨き”セミナー第1弾』のレポート③をお届けします☆

11/6(水)、11/20(水)に開催した、「スマイルワークプロジェクト」初のセミナー、
『2時間体験! 笑顔を応援☆”自分磨き”セミナー 第1弾』

テーマ:
『言葉の選び方が上手な人は得をする☆

 コミュニケーションスキルUPに即効性! 覚えておきたい3つのポイント』

① 自分を知る ~私ってどんな人?
② 自分を知ってもらう ~○○を意識して上手に自己紹介!
③ 想いを相手に伝える ~「言葉の選び方」でこんなに変わる!

 

実践心理学の高橋知大(たかはしともひろ)氏を講師に迎え、スマイルワークにもプライベートにも役立つ ”コミュニケーションスキルUP術” をいろいろと伝授いただいたこのセミナー、11/6(水)の第一回、11/20(水)の第二回の開催で、計23名にご参加いただきました。

・・・ということで、前回レポート① レポート②からの続き、レポート③(完結編)をお届けします!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
完結編は、第2回(11/20)の内容についてのレポートです。
この日はまず、導入として色彩心理の簡単心理テストから入りました。

赤・青・黄・緑の4色から、「好きな色」ではなく、「今一番気になった色」を選んでもらいます。
この日は偶然にもほぼ全員が黄色を選びましたが、その意味とは?

 : 自由・解放・広がり・未来 ~ ・・・何かに束縛されている?
 : 自信・自己評価 ~ ぶれている、自信がない、認められていると感じられない?
 : 安心・安定 ~ 疲れている、人間関係にトラブル?
 : 活力、行動、挑戦、勝利 ~ 行動したい、勝利したい、エネルギー不足? 

心が欲している色にはこんな意味があるそうですよ☆

色彩心理の簡単なテストの後は、第1回と同様に、自己分析からスタートです。
約10分ほどそれぞれチェックをしていきます。

この日は、自己分析の様子を見て回っていた高橋講師からは
「(今日の参加の方々は)大きく分けて『ぶつかりやすい』か『疲れやすい』か『極端に優しい』みたいですね」という言葉がありました。
レポート①②をご覧いただいた方は、この言葉が何を意味するか、ちょっとイメージできたのではないでしょうか?

 

☆P1060514

そして今回も①~⑥に分けた6つのグループごとに合計点を出し、折れ線グラフを作ります。①~⑥に分けたグループは「性格」を表し、折れ線グラフは自分の6つの性格のバランス(どれが強いか弱いか)を見るものでしたよね。
そして、一番高い点数だったグループに○をつけ、○をつけたところが良くも悪くも最も出やすい性格、でしたよね。


6つのグループとは。(詳細はレポート①でご覧ください!)
①CP(批判的)
②NP(保護的)
③A(成人の)
④FC(自然の)
⑤AC(順応の)
⑥RC(反抗の)

それぞれのパターンを、「財布なくした」に対して6パターンで答えてみることで高橋講師が実演。
みなさんに一番できてほしいのは③の○(冷静)な話し方なのですが、言葉の使い方だけでなく大事にしてほしいのが、「態度」であることもアドバイス

例えば子供の話にお母さんが、忙しそうにお皿を洗いながら「ハイ、ハイ、お母さん聞いてるよ」と言っても、子供は「お母さんちゃんと聞いてる?」って確認したくなったり、楽しい話をしている人が無表情だったりすると、この人は本当に楽しいのかな?と思ったり。
笑顔で/元気に/不満気に/悲しそうに/面倒そうに など、どんなふうに言われるかによって、発せられる言葉は同じでも印象が全然違う。そういうことなんですよね。
「態度」には最も意識がいきにくいので、「態度」に気を付けることはとても大事なんです。

そして、冷静さを表す③の点数が高い時は客観性が高く、③の点数が低い時は感情的になっています。感情的になると自分の性格のマイナスな部分が出やすいから、対人関係をうまく築いていくには、冷静さが必要ということです。想いをきちんと伝えるためにも、冷静であることは大事なんですね。
ケンカの最中と、あとを想像してみてください。ケンカの最中は感情的になればなるほど、何言ってるか自分で分からなくなり、“私、何言ってたんだっけ?”となりがちだけど、ケンカのあと、頭を冷やして冷静になったら“あんなこと言わなければよかった”などと客観的に自分を見れるようになりますよね。

さてここで、二人ペアになっての練習です。(一人が子供、もう一人がお母さん役)
「うまくやらなくていいから、やってみようという意識が大事。」
「『できない』と諦めず、できないからこそやってみて、脳にプログラムすること」
という高橋講師からのアドバイスを聞き、慣れない設定ながらも皆さんそれぞれにチャレンジしてみました。

★練習している途中で、こんな質問がありましたよ。
>質問1 「ポジティブ」と「楽観主義」の違いは?
⇒ なんとかなるよ!は、根拠がない(楽観主義)。ポジティブには根拠があります。
>質問2 「きっちり」と「冷静」の違いは?
⇒ 「きっちり」はルールっぽく、「冷静」は客観的。

☆P1060590

そしてここからは「自己紹介」についてのお話しです。
(第1回では「自己紹介」についてのお話しはなかったですよね。申し訳ございません。こちらのレポートでご了承ください!)

誰かと会った時、「握手」をする場面がありますが(握手=政治家、というイメージかもしれません)、握手には「自分を印象付ける」という目的があるんです。

相手の手を握ってしっかり目を見て挨拶すると、それが一瞬でも、手から伝わる感触とともに印象に残ると思いませんか?
だから自己紹介する時は必ず「相手の印象に残す」ということをした方がいいんです。(名刺を特徴的なものにするのもおススメ)

でも、女性は握手をする機会って少ないかも・・・?
それなら、「表情」で印象づけましょう! 簡単です。 ☆彡「100万ドルの笑顔」☆彡 です!!

ということで、笑顔チェック! 30秒間笑顔の練習をしますよ。
ハイ、スタート!!
と突然のオーダーに、皆さんにこにこと笑顔を作ってみるも、すぐに助けを求めるように高橋講師を見つめる受講者の方多数。(笑)
そうですよね、笑えと言われても・・一人で30秒は、もたなくて困っちゃいますよね。

そんな様子を見て、高橋講師からは
「30秒笑えないと、ほっぺの筋肉が落ちているということですよ!」
とドキッとする一言が。(笑顔の練習、エイジングケアにもよさそうですね☆)

また、顔面マッサージもいいそうです。
リンパが走っているところを毎晩2-3分、伸ばして上にあげると顔があがる、ということで高橋講師が実践してみせてくれました。早速、お風呂上りやメイクの前などに試してみたいですね。

☆P1060600

そして「笑顔を作るタイミング」も大事です!
相手の印象に強く残すためには、最低でも2回、<出会った時><帰る時>に、必ず最高の笑顔を残すこと!そしてこの時に、握手など特徴づけることを取り入れると尚良いんだそうですよ。

脳のものの覚え方は、『繰り返し』と『強い印象を与えること』なので、笑顔2回じゃ本当は少なくて、チャンスがあれば笑顔!(笑顔!笑顔!・・)とするほうが、もっと印象に残りやすくなります。
少なくとも2回、機会があればもっと、眉間にしわをよせない(とびきりの)笑顔!ですよ☆

そして再び握手について。
「握手は本当に印象に残りますよ。」と高橋講師が印象に残る握手の仕方を教えてくれました。

どうするかというと・・
握手のあと、パッと手を離さずに(エステのマッサージのように)余韻を残して、すぅーっと、抜くんです。そうすることで、相手にエクスタシー(快感)を残し、頭の中にドーパミンを発生させることができるんです。相手に心地よさを残すことで、「また握手したい、触れられたい」という印象付けができるわけです。

☆P1060605

それを踏まえて、ペアになってその「印象に残る握手」を実践してみます。
お互い、握ってぱっと離すパターンと、余韻を残しながら抜くように手を離すパターン。
そうすると、みなさん、「ああ~」と納得の表情。
覚えておいて、握手の機会があれば、実践してみてくださいね!


そしてそのあとは「高速で褒める」練習。これも、前回はなかった練習です(笑)
高橋講師は、みんなを立たせて、練習の仕方を説明します。
まず、笑顔で褒めること。1分間で最低20個、初対面なので性格はわからないから外見を褒めます。
できれば相手のその部分を指すか、自分のその部分を指しながら。
褒められる方は、「ありがとう」ということ。

説明を聞いた後は、早速1分間、やってみます。
皆さん一生懸命、目の前の相手をどんどん褒めます。
「ヘアスタイルが素敵」「スタイルがいい」「眉毛が素敵」「唇が素敵」「水玉が似合う」(!?)
褒められる方も、褒められた分だけ「ありがとうございます!!」
でも、途中で「照れる~(笑)」と本気で照れている人も。

それぞれ頑張って1分間褒め続けましたが、20個以上褒めることができたのは少数でした。
褒めること=良いこと、とわかっていても、「苦手」と思ったとしたら、練習です!

★「褒めるのが苦手」と思った方は・・普段から褒めること慣れていないのでは?
「相手をよく見ること」「相手を認める素直さ」が欠落している可能性がありますよ。

★「褒められるのが苦手」と思った方は・・受け取ることに慣れていないのでは?
「相手の言うことを受け入れる素直さ」が欠落している可能性がありますよ。

年を重ねるごとに、素直さが失われていくと言いますから、気を付けたいですね☆

<褒められると笑顔になりやすい> ⇒ <笑顔になると空気感が良くなる> ⇒ <空気感がよくなると話しやすくなる>
という図式になることは皆さん納得ですよね。だったらやりましょうよ!即効性ありますよ!(納得!)

脳科学的にも、褒められて嬉しい ⇒ 快楽 ⇒ ドーパミンが出る という仕組みは認められています。子供に片づけを促し、子供がそれに従った時に褒めると、次からはもう一度褒められたい、快楽を味わいたい、と思って自ら片づける可能性が高くなるんですね。

褒める瞬発力を付けるトレーニングをすると、考えなくても褒められるようになります。
普段から慣れていないと瞬時に言葉が出てこないから、練習あるのみ!
鏡を見ながら「自分を褒める」練習をしましょう♪

そして、「最後に一つ教えておきたいこと。」
として、第1回セミナーでも話のあった、「言葉」以外の大切さを教えてくれました。

話を聞くとき、相手に、より“聞いた感”を与えることができるのは、相手と話すスピードをよく聞き、同じスピードで相槌をうつこと。
「へえ」「そう」「なるほど」「すごいね」「さすが」「知らなかった」といった相槌です。
(意外とここに気遣いをしていない人が多いようです!)
話すスピードはその人の「リズム」で、人それぞれ。その人のリズムが掴めるまでは、首を振るだけで良いから、掴めたら、そのリズムで相槌をうちましょう。

さあ、これもまたペアになり、昨日あった楽しい話で1分間の練習です。
1分間という短い時間でしたが、皆さんとても盛り上がり、楽しそうに話をしていました。
最初に、「相手と話すスピードをよく聞き、同じスピードで相槌をうつこと」と聞いていたから、話しやすかったようです。(違いを実感するには、逆のことをしてみることですよ)

☆P1060619☆P1060620

そのほかのコツとしては、「空気感を合わせる」ことと「言葉を合わせる(オウム返し)」というものがあります。(詳細はレポート①レポート②をご覧ください)
・・・ということで、第2回は締めくくられました。

いかがでしたか?
今回のセミナー、まとめてみるとポイントはこんな感じです。

●自分がどういうタイプの人間なのかを知り、感情的にならずに冷静に発言する。

●自己紹介では、いかに印象付けるかがポイント。とびきりの笑顔に握手をプラスすると効果抜群!

相手を「よく見て」「話すペースに合わせ」「共感」すること。
 空気感が合ってきたら、「相手の大切にしていること」をベースに、自分の話(主張)を乗せていくと
唐突感が失くなる。
 言葉の選び方とともに『態度』(表情、声のトーン、動き)にも気を配りましょう。

「相手が話したくなれば情報が引き出せる。情報が引き出せたらアプローチしやすくなる。」
というのがコミュニケーションの鍵かな、と思います!
スマイルワークにも、日常のいろいろな場面でも、ぜひ実践してみてくださいね♪

2014.01.16

☆P1060634