特集・コラム

メニュー

wordpress / PHP / AWSの技術Tip集  ~学んだことをひたすら書いていきます~

vol.13 ‐ 【wordpress】固定ページに特定カテゴリーの投稿一覧をプラグインなしで表示させる方法

投稿日時:2015/07/15 11:07

カテゴリ: wordpress / PHP / AWSの技術Tip集  ~学んだことをひたすら書いていきます~

wordpressの固定ページに特定のカテゴリ一覧を表示するには
 

・プラグインで固定ページ内にphpが使えるようにする
・phpファイルを作成して固定ページ内にインクルードさせる
 

などの方法があります。
 

今回はプラグインなしで実装できる「phpファイルを作成して固定ページ内にインクルードさせる」方法の記述例です。
投稿・固定ページ内にPHPファイルをインクルードさせる方法は、「【wordpress】投稿・固定ページ内にPHPファイルをインクルード(挿入/実行)させる」の記事でも書きましたが、今回はその応用編です☆
 

1,functions.phpに追記

記事内/固定ページ内にphpファイル(任意のファイル)を読み込ませるには、記事内にショートコードを書きます。
まずはそのショートコードを有効にするために、テーマ内(hoge.net/wp-content/themes/piyo/)のfunctions.phpに以下を追記。

 

第13回画像1

 

phpファイルを作成

 

第13回画像2

 

・4行目の category_name=〇〇 にカテゴリースラッグを,showposts=〇 には表示させる件数を入れます。
・6行目の日付は、表示させたい書式で入れます。
・7行目は、記事タイトルを表示し、その記事へリンクさせる記述です。
サイトのデザインによってhtmlを調整してください。

 

固定ページ内にショートコードを記述

phpファイルをテンプレートディレクトリにアップロードできたら、記事内にソースコードを記述します。

読み込ませたいphpファイル(今回は news.php)を作成し、同ディレクトリ(例:hoge.net/wp-content/themes/piyo/)にアップロード。
固定ページ内の任意の場所に以下のショートコードを記述。(ファイル名が news.php の場合)
 

[myphp file=’news’]
 

以上で固定ページ内で特定のカテゴリー記事一覧を表示させることができます☆

 

転載元(かわたま.net・2014年7月31日掲載記事)
(WEB転載許諾取得済)

バックナンバーはこちら

IT系のお仕事特集

お仕事のご紹介には、まずヒューマンリソシアへの登録が必要です。
ヒューマンリソシア人材派遣サイトの便利な機能 ・お気に入りの派遣求人のブックマーク ・登録会への予約 ・有給休暇の管理 ・WEB給与明細の確認 ・お気に入りの情報をメール受信
登録会の入力手続きをあらかじめおこなえます。

ヒューマンリソシア派遣サービスに 登録する 無料

ページトップへ戻る
ヒューマンリソシア派遣サービスに 登録する 無料
ページトップへ戻る